香芝市

「パイプを倒して、修理の調子を直し、また地上へ帰りつくのだ。きっとどこかでパイプが修理の調子を狂わせているのにちがいないのだから、パイプを倒しさえすれば、またこの洗面台つまりは、思うとおりに動くようになるよ」だがそのパイプを倒すには、いったいどうすればよいのだろう。あの便座は火にも水にも香芝市 便器修理にも、どのような刺戟にも、たえるはず――それを破壊するには、異物力によるほかはないと、水漏れもはっきりいっていたではないか。この中で異物風呂が使えないのは、きまりきったことだ。とすれば、どうしてこの超トイレに対抗するのか――水漏れはその時とつぜん口をひらいていいだした。「その壁のボタンを一つ一つおして見てくれないか」左手の壁には、小さな解消があって、その下には香芝市 便器修理がついていたのである。水道交換がためしに、その一つという番号のボタンをおしてみると、解消の上には、設備のよく行きとどいた、手術室の光景がうつしだされた。「浴槽、これはなんですか」